September 09, 2005

いわゆるバトン現象について

ミュージカル・バトンという現象がネット上に蔓延しております。
「あなたのPCに入ってる音楽ファイルの容量は?」とかいう
いくつかの質問がある日突然送られて来て、
自分の答えを公開した上で、さらに別の五人に回答を要求するというのが基本ルール。
ブログ時代の新型チェーンメールというやつですな。
ネットワークに負荷をかけるわけじゃないので、まあ少しは罪が軽いか。

元祖のミュージカルバトンは音楽が題材でしたが、
最近は便乗した類似品が無数に出現しているようです。
というわけで先日廻って来てしまったのが「フェチバトン」というやつ。
もうちょっと健全なやつに来てほしかったが
「えろばとん」じゃないだけましか……。

まあせっかくの機会なので、以下は回答。

» Continue reading

| | Comments (33) | TrackBack (1)

August 26, 2005

小休止、恋愛物の構造解析とは

突然ですが、先日見に行った「映画版 電車男」のストーリーと舞台設定は、
この世のあらゆる恋愛物の土台になる「原型」のようなものだと思います。
(以下、電車男のネタバレあり)

» Continue reading

| | Comments (18) | TrackBack (0)

August 09, 2005

「いちご100%」の人物論 〜逆ベクトルの成長物語〜

(ネタバレあり)

» Continue reading

| | Comments (81) | TrackBack (0)

August 04, 2005

「いちご100%」の舞台論 〜物語は迷走していたか?〜

(ネタバレあり)

» Continue reading

| | Comments (30) | TrackBack (0)

August 03, 2005

『いちご100%』の構造解析 序章

久々に「ジャンプ漫画の大団円」を見せてもらいました。
スラダンにも幽白にもダイにも裏切られ
ジョジョや黒猫やるろ剣の終わり方もイマイチだった。
ワンピとブリーチはまあ大丈夫だろうけど
まだまだ先の話だな、と思っていたところに思わぬ伏兵登場。
河下先生、絵がうまいのは分かっていたけど、
実はシナリオもうまい人だったんだなあと実感しました。正直感動。
(考えてみるとビデオガールもアイズもちゃんと終わってたっけ?
 むしろ恋愛ものは打ち切られにくいジャンルだったりして)

快挙を成し遂げた作品には何らかの恩返しをしたくなります。
というわけで、ブログ再開の記念すべき初回ネタとしては唐突感ありですが
これから何回かに分けて、この「いちご100%」の物語解析しようと思います。

» Continue reading

| | Comments (50) | TrackBack (1)

September 29, 2004

瀬戸内観光案内

出張で愛媛に行った。 愛媛には台風しかないという結論に達しました。

» Continue reading

| | Comments (80) | TrackBack (0)

September 25, 2004

北の国から参

札幌(藻岩山)の夜景ってすげー! ギャグが思いつかないくらい、普通に感動。

» Continue reading

| | Comments (8) | TrackBack (0)

September 24, 2004

北の国から弐

北海道旅行2日目は、朝から雨が降っていた。 この日に行く予定だったのは、昭和新山...

» Continue reading

| | Comments (37) | TrackBack (0)

September 23, 2004

北の国から壱

無理やり休みを取って北海道に行ってまいりました。 初日は登別温泉経由で洞爺湖温泉...

» Continue reading

| | Comments (10) | TrackBack (1)

August 23, 2004

飛べ!そして叫べ!

あまり注目されない中、孤軍奮闘する飛び込みの寺内選手。 画像と本文とはいっさい関...

» Continue reading

| | Comments (10) | TrackBack (0)

«日本昔話